あいつはどうして仕事ができるのか?

今日は秋から冬を感じるような雰囲気ですね

季節の変わり目は体調管理をしっかりとしなくてはと思います

昨日自分の服をやっと夏物から秋冬ものへと入れ替えました

遅いですね

 

さて、私は以前営業の仕事を長くしていました

その時よく思ったのは一緒に仕事をしている仲間について

「こいつは仕事ができるな、どうしてかな?」

などと感じていました

 

それで仲間をよく観察していると気がつきました

今の仕事は当然全力でしていますが

他の営業が飛び回っている時に時間をつくり何かを考えていました

 

先のこと?

扱っている商品や顧客ニーズ、市場の変化などなどです

そして思いもよらない提案を上司や会社にしていたのです

 

そうなんです、脳をとても動かしていたのですね

昔からマーケティング的な発想を持っていたのです

行動力、やる気が仕事ができると思っていた私には出来ませんでした

 

今はこの発想は皆さんがしていると思います

では、脳をどのように鍛えればよいのでしょうか?

それは、普段使わない脳を活性化、冴えさせることが必要です

脳バランスを整えることです

 

何をすれば脳は冴えるのでしょうか?

多くの生きた情報を脳に伝え活用をさせる

私が思うには普段あまり使っていない右脳を活性化させる

ことだと思っています

 

いま巷ではこのような方法やスキルが言われています

ぜひ試しにやってみてはどうでしょうか?

なるべく負担にならないものを選んでみるのが良いと思います

関連記事

7月25日(水)第56回集中力アップ!ビジネス脳が冴える塗り絵カフェ
集中力アップ!ビジネス脳が冴える塗り絵カフェ 皆さんは“ぬり絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“大人のぬり絵”です。現在、東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で大人のぬり絵をお教えしています。 大人のぬり絵講師として10数年“大人のぬり絵”の……
何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……
塗り絵のコツ(柔らかさ)
先日ある大人の塗り絵体験教室で扱った題材「リンゴの花」でした この塗り絵見本はほんのりと柔らかいピンク色の花です   私も見本の塗り絵を塗ってみようと思い挑戦しましたが 思ったよりも堅い感じの塗り絵作品になってしまいました なぜでしょうか? ピンク色の花びらは正に柔らかい色合いでした ここに色の濃さを表現したり影を付けたりしたので……
何かに没頭して他のことを考えない時間を持てているか?
私はいままで大人の塗り絵を多くの方にお教えしてきたが その度に教室に参加された方々からいただいた言葉は 「あっという間の時間でした」 「もうそんなに時間が経ってしまったのですね」 「色を塗ることに集中していました、楽しかったです」 「こんなに何かに集中した時間を最近持っていませんね」   そして教室終了時には皆さん顔が笑顔に変わっ……