塗り絵が上達すると次に何が起きるのか?

私は大人の塗り絵講師をして11年を越えました

いままで多くの方と大人の塗り絵を一緒に楽しみながら塗り絵を

お教えしてきました

 

最近サークルメンバーの方から話しかけられました

「大人の塗り絵をしてきて自分なりに思うように塗れるようになりました

そんな中で最近はアレンジを描くことが面白くなってきます

塗り絵から簡単なスケッチ出来るようになったと思います

自分の絵が描きたいですね」

 

私は大人の塗り絵をお教え始めた時にあった思いが

「絵が描けないと諦めていた方が塗り絵から絵に興味を持ち

絵を描けるようになるということです」

こんな支援が出来ればと考えていました

私のお教えしている大人の塗り絵は下絵をよく観察して色を探して

色を塗って作品を完成する等塗り絵です

観察するということは

色を探すだけでなく

なぜこんな色を塗っているのか色の意味はどういうことか

絵の意味や作者の意図を探るということです

 

そうなんです、これが出来るようになれば自ら絵が描けるようになるということです

サークルの生徒さんの言葉は正にこれを言いたかったのだと感じました

塗り絵から絵を描けるようになる新たなステップですね

関連記事

Web会議でグループコーチング
先日あるクライアント企業さんの地方営業所へ行って コーチングのご依頼をいただきました   社長さんとセッションをしている時に 「〇〇営業所なんだけど何とかしたいんだよな」 「どうなさりたいのですか」 「もっと頑張ってもらいたい...けど俺が行くと社員が委縮してしまって」 「私が伺って皆さんのお話をまずは聴いてきましょうか」 「そうで……
自分と対話するために日記を書く
皆さんは日記に対してどのような印象をお持ちでしょうか 子供の頃には遣ったが今は書かない 日記を書いて何になるのか 毎日書くことがないし面倒で続けられない このように思れる方が多いのではないでしょうか   私は子供の頃には日記は書いたことがありません 夏休みの宿題で日記を付けることがあった時に遣りましたが しかし、ある時日記を書こうと……
塗り絵をして来て改めて思うこと
大人の塗り絵講師となり12年目になります 多くの方々に大人の塗り絵の楽しさや色の不思議、観察力の必要性 等をお伝えしてきました そんな中で何よりも感じるのは自分が塗り絵を通じて成長できてきた ということです 塗り絵をする皆様の作品にアドバイスをさせていただきますが どの作品も本当に素敵に描かれています その作品をより素晴らしくするために私の……
おじさん起業を決めたのはなぜ
今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います 私が起業を考えて行動したのは13年前になります まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います   そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが 私の中で……