塗り絵が上達すると次に何が起きるのか?

私は大人の塗り絵講師をして11年を越えました

いままで多くの方と大人の塗り絵を一緒に楽しみながら塗り絵を

お教えしてきました

 

最近サークルメンバーの方から話しかけられました

「大人の塗り絵をしてきて自分なりに思うように塗れるようになりました

そんな中で最近はアレンジを描くことが面白くなってきます

塗り絵から簡単なスケッチ出来るようになったと思います

自分の絵が描きたいですね」

 

私は大人の塗り絵をお教え始めた時にあった思いが

「絵が描けないと諦めていた方が塗り絵から絵に興味を持ち

絵を描けるようになるということです」

こんな支援が出来ればと考えていました

私のお教えしている大人の塗り絵は下絵をよく観察して色を探して

色を塗って作品を完成する等塗り絵です

観察するということは

色を探すだけでなく

なぜこんな色を塗っているのか色の意味はどういうことか

絵の意味や作者の意図を探るということです

 

そうなんです、これが出来るようになれば自ら絵が描けるようになるということです

サークルの生徒さんの言葉は正にこれを言いたかったのだと感じました

塗り絵から絵を描けるようになる新たなステップですね

関連記事

おじさん起業を決めたのはなぜ
今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います 私が起業を考えて行動したのは13年前になります まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います   そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが 私の中で……
シニア起業家の皆さんを支援したいと思います
昨年シニア起業家を目指している方に向けてのセミナーでパネラーを 務めさせていただきました 私は50歳を目標にして起業した経験者としてお話をさせていただきました この時の参加された皆さんの顔を拝見して何とか私も皆さんの支援ができないかと感じたのです   今はある意味で起業のブームなのかも知れません 特に団塊の世代の多くの方はすでにお仕事か……
経営者が描くビジョンで社員を動かす
経営には”ビジョン”が必要であると言われる そのビジョンを社員に浸透している経営者はどれだけいるのでしょうか 「いつも言っている」 「機会があれば言っている」   経営者はそのビジョンを心から描き作っていますか そこに向かって自ら行動しているのでしょうか 社員が共感して行動しなければ会社は成長・成功しません   今の時代……
何か新たな発想が欲しいがなかなか浮かばない
今日で8月が終わります 気持ちを入れ替えて9月から新たなことに挑戦しようと考えて いる方も多いのではないでしょうか?   私は40歳の頃に人生の半分が過ぎてこれから何か新たなことに 挑戦しようと考えました 思い付いたのが絵を描くことでしたが当然経験がありませんので 上手く描ける訳には行きませんでした   そして人生には色……