チャンスがあれば本物を見ること

今日は午後から時間を作り新国立美術館に

「至上の印象派展」を見に行きました。

以前から見たかったルノアールの作品。

ぬり絵をする時にも写真を見て塗っていても分からない所が理解できました。

これからも機会を作り本物を見に行こうと思います。

花や風景のぬり絵をする時も実物を見ることは大事です。

関連記事

7月13日(土)塗り絵アート教室開催
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催の……
3月25日(水)第76回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……
お気に入りのスタバで今年を振り返る
今年の仕事も終り年末の家の片付けも終ったので午後から お気に入りのカフェに愛車で行った 時間がある時にいつも行く元八王子のスタバだ ここで1年を振返ってみた 成果と言える何かあったか 良かったこと、悪かったこと、家族のこと、友人のこと、クライアントのこと 大した成果は無かったが健康でいられたことがなによりかな ただ今年はこれから何をして……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑧
下絵を実際の花や葉と考えてその構造を理解して色を塗る どんな形でどのような状態なのかを理解して塗る(若い状態か成長した段階か)   花の大人にぬり絵をしていると色を探して塗っていきますが 色探しに夢中になると本来の花の色や形を忘れている時があります 「ここはピンク色、ここは赤色、この部分は紫色かな」 「ここは暗くて黒っぽいから黒色かな……