チャンスがあれば本物を見ること

今日は午後から時間を作り新国立美術館に

「至上の印象派展」を見に行きました。

以前から見たかったルノアールの作品。

ぬり絵をする時にも写真を見て塗っていても分からない所が理解できました。

これからも機会を作り本物を見に行こうと思います。

花や風景のぬり絵をする時も実物を見ることは大事です。

関連記事

11月25日(水)第82回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵……
スタバで珈琲ブレイクがしたい
新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛をしている 緊急事態宣言が出てスタバは営業を中止してしまいました 私のお気に入りのスタバは東京の端にある元八王子店です 以前にコラムでも紹介したスタバですが なぜか気持ちが落ち着き、コーヒーを飲みながら色々と考えることができます 窓の外には大きな道がありそこを車がひっきりなしに走っている しかし、なぜか……
自宅近くを散歩する
緊急事態宣言が延長され東京は外出自粛が続いています 毎日自宅に籠っていると運動不足になり気持ちも滅入ってしまいますが 普通の生活に戻れるまでは我慢ですね そんな中ですが少し体を動かそうと自宅近くを1時間程散歩しました 自宅近くはまだまだ畑などもあり農家さんもたくさんあります 以前から気になっていたトマト農家さんの直売所を見つけました &nbs……
大人の塗り絵を上手に描くには
以前大人の塗り絵を上手に描くコツを書きました 改めて大人の塗り絵を上手に描くには何が大事かと考えましたが やはり色を重ねて塗ることですね   どんな所にも最低3色は塗り重ねて描いて行くということです 例えば葉っぱを塗る時は 黄色、深緑、青色、茶色、赤色、濃い緑色、水色 最低3色なのでこのくらい重ねて塗ることもあります  ……