考えを実行する行動を起こせないのはなぜか

コーチングセミナーでの塗り絵教室風景

私は、いままで色々なことを遣ってみようと考えてきましたが

なかなか行動を起こせませんでした

 

人の目が気になる、人がどう思うか不安になる、恥をかくのではないか…

そんな言い訳が頭に浮かび行動を止めてしまう

 

けれでも何も躊躇なくできた経験があります

それは大人の塗り絵講師資格を取ることでした

これはある絵画教室のマネージャーからのお誘いでしたが

直ぐに返事ができ、講師になる講座を受けました

 

そこには変な期待や欲がありませんでしたし単純に大人の塗り絵を

学んでみたいという思いだけでした

結果的には6か月後に講師資格を取得でき1年後には講師として活動を始めました

しかし、活動が活発にできたかというとそうはできませんでした

 

3年が経った頃にある出会いがありそこで遣り甲斐にめぐりあいました

それは人の感動する姿と笑顔でした

まさにその笑顔が私を動かしたのです

 

私が遣りたいと思うことが分かった瞬間だったと思います

この気づきが行動を起こすのですね

関連記事

仕事に遣り甲斐を感じていますか?
最近コーチングをしていて感じるのは仕事に対する考え方の変化です 以前仕事は学校を卒業して社会に出ると誰でもする事と考えて仕事を選び働いた その仕事の内容よりも会社や給与ということを考えて選び就職をした これは私が社会人になった時の考えだと思いますが   今はその点が大きく変わって来ていると改めて感じています 仕事に遣り甲斐を求めている方……
7月10日から個展を開催します。
色鉛筆画の作品展をさせていただきます 40歳の時に個展を開くを目標に始めた 絵画の個展をやっと開催します まだまだ人にご覧いただけるような絵なのは分かっておりますが一つの経過点として開催することを決めました もし、ご興味がございましたら見に来て下さい   開催場所は私が生まれ育った文京区西方にある"River"というカフェ&……
人生100歳時代、どう生きたいですか?
昨日、葛飾区シニア活動支援センターで「人生100歳時代、どう生きたいですか?」というテーマで講演をさせていただきました。 定員を超える皆様に来ていただき緊張しながらの何とか1時間30分の講演をすることが出来ました。 シニア世代の皆様を何かの形でご支援したいと考えていたところの講演依頼でしたので嬉しく光栄に思いお話をさせていただきましたが、終了の時に皆……
セカンドステージをどう生きようかと考える
私はいまでいくつかの企業で働いてきました 50歳を前に考えたのは自分の遣りたいことで仕事をしてみたいと いうことでした   大手銀行で長年勤め、その後営業職をいくつかしながら会社勤めを続けていました その時は何のために仕事をしているのか? などとは全く考えませんでした 「生活の為」「家族を養うため」「当然学校を卒業したら定年まで働く」……