内省して分かった自己開示とは

私は自分のいままでの生き方などを考える時間を作っています

時間が空いた時ではなくしっかりとスケジュールを立てて行っていますが

改めてある方からコーチングを受けました

 

「あなたは本音を話してくれていない」

「だから私の話も聴いていないと感じます」と

やはり自分は自己中心的な考えしかできていない

つい、「こんなことを言ったら気分を悪くするから言うのはやめておこう」と

考えて本音を言うのを避けていました

これを私は相手に対する配慮だと考えていたのです

これは間違っていました

伝え方には気を付けなくてはいけないが本音を言わなかったら

”自己開示”ができていないのです

当然相手の方にも伝わり本音は話してくれません

 

コーチをしていながら今更ですが大きな気づきとなりました

皆さんは自己開示ができていますか?

関連記事

自分自身に問い掛ける質問
一人の時間を作るようになって珈琲を飲みながら自分に問い掛ける 事がよくあります 「本当にやりたいことをしているか」 「一番遣り甲斐を感じることは何か」 「自分の生き方に満足しているか」 「自分が目指す仕事に全力で挑んでいるか」   自分の答えの多くはNO 「では、どうするのか、何をするのか」 一つの回答を出してすぐに始める 今は……
支援するということ
コーチングは人を望む姿へと支援することだと考えます 決してコーチが考えているゴールに導くことではありません   クライアントが望む成長を対話を通じて支援する 自分勝手に役に立とうと考えて色々と行動をさせて変化成長させる ことではありません   例えばクライアントにゴールを明確にする支援をする時に コーチが勝手にゴールを描く……
モチベーションはどうすれば上がるのか?
コーチングをしているとよくクライアントの方から 「モチベーションが上がらないのですがどうしたら上がりますか?」 という質問というか思いを話されることがあります   私も最近仕事が何だか新たなステージに入りそのような感覚になる時があります 60歳を超えて世間では現役卒業という事を言われますが そんな感じなのかも知れません  ……
お気に入りカフェのコーヒーから
私は経営者コーチングをメインにビジネスコーチングをしています 仕事の時間帯が比較的午後遅い時間が多いので 朝は自分の時間が結構取れます そこで朝はお気に入りカフェでコーヒーを一杯飲みます ここでは特別のノートに思い当たる色々なことを書きます 昨日の反省 「あそこはもっと話を深く聴けば良かったな」 「俺はコンサルタントではないぞ」 「話より……