内省して分かった自己開示とは

私は自分のいままでの生き方などを考える時間を作っています

時間が空いた時ではなくしっかりとスケジュールを立てて行っていますが

改めてある方からコーチングを受けました

 

「あなたは本音を話してくれていない」

「だから私の話も聴いていないと感じます」と

やはり自分は自己中心的な考えしかできていない

つい、「こんなことを言ったら気分を悪くするから言うのはやめておこう」と

考えて本音を言うのを避けていました

これを私は相手に対する配慮だと考えていたのです

これは間違っていました

伝え方には気を付けなくてはいけないが本音を言わなかったら

”自己開示”ができていないのです

当然相手の方にも伝わり本音は話してくれません

 

コーチをしていながら今更ですが大きな気づきとなりました

皆さんは自己開示ができていますか?

関連記事

モチベーションはどうすれば上がるのか?
コーチングをしているとよくクライアントの方から 「モチベーションが上がらないのですがどうしたら上がりますか?」 という質問というか思いを話されることがあります   私も最近仕事が何だか新たなステージに入りそのような感覚になる時があります 60歳を超えて世間では現役卒業という事を言われますが そんな感じなのかも知れません  ……
自分と対話するために日記を書く
皆さんは日記に対してどのような印象をお持ちでしょうか 子供の頃には遣ったが今は書かない 日記を書いて何になるのか 毎日書くことがないし面倒で続けられない このように思れる方が多いのではないでしょうか   私は子供の頃には日記は書いたことがありません 夏休みの宿題で日記を付けることがあった時に遣りましたが しかし、ある時日記を書こうと……
考える時間をどのように作るか?
私は殆ど一人で仕事をしています   コーチという仕事はクライアントと対話をするので一人でするというのは 違うと考える方もいらっしゃると思います しかし、コーチングをしている内容や出来事は誰かに話したり相談したりはしません その意味では一人で仕事をしているということです   そこで必要になるのが”一人で考える時間を持つ”という……
自分自身に問い掛ける質問
一人の時間を作るようになって珈琲を飲みながら自分に問い掛ける 事がよくあります 「本当にやりたいことをしているか」 「一番遣り甲斐を感じることは何か」 「自分の生き方に満足しているか」 「自分が目指す仕事に全力で挑んでいるか」   自分の答えの多くはNO 「では、どうするのか、何をするのか」 一つの回答を出してすぐに始める 今は……