60歳以降をどう生きるか?

私は今年62歳になりました

私が銀行員として現役で働いていたころには60歳は定年の年でした

60歳以降は退職金を貰い年金で悠々自適に余生を楽しむという考えが

一般的だったと思います

 

今更ですが現在はそのように生きられる人はとても少ないのではないでしょうか

年金としてあるいは貯蓄として生活がしっかりできる方もいると思いますが

以前のように余生が短くなくなってしまいました

60歳から20年、30年は普通に生きてしまいます

大学を卒業して50歳になるまでと同じ期間があるのです

 

そうすると皆さんは30年間をどのように生きて行きたいと思いますか

悠々自適といっても30年はどうでしょうか

”遣ることがない人生”を皆さんはどう考えますか

 

人はやはり夢や目標、責任、義務、役に立つことが生きるのには

必要なのではないでしょうか

先日ある仕事で人生の先輩達とお話をする機会がありました

「年に1度でもこの仕事があることが楽しいし嬉しいんだ」

「遣ることがないのはやはり辛いよね」

特に男性はこのような思い感じているようです

 

皆さんは60歳以降どんな人生を送りたいですか?

 

関連記事

仕事に対する意味をどう考えるか
私は以前も書きましたが銀行員を43歳までしていました 大学を出てすぐに就いた仕事でした 約20年間この仕事が自分に与えられて役割と思い励んでいました   しかし、今振り返ると仕事を決めた時にそのようなことを考えて決めたか? というとそうではなかったと思います 周りの人が社会人になり仕事をするから自分もしなくてはいけない 働くならどんな……
3月25日(水)第76回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……
今年は特別な夏になりそうですね
今年は7月が雨ばかりであまり暑くなかったですが 8月に入り梅雨が明けると途端に厳しい暑さが襲ってきました 普段の年ならこの時期は長野の蓼科に旅行していますが 今年はコロナの影響で東京以外には行くのを止めようと思います 悔しいですね 東京の西部に引っ越してきて35年になります 当初は多摩市の百草団地に8年間住みまし……
基礎を学ぶ②
今日はさいたま新都心でirデッサンの勉強でした 前回の続きを描きました 鉛筆で色を表現するこては難しいです 基本が出来ていない自分にはどのようにすれば良いのかが全く分かりません 鉛筆の硬さを変えて表現するのだろうというのは何となくわかるのですが 赤色はどの鉛筆で描けば良いのか、どのように色を付ければよういのか 黒……