60歳以降をどう生きるか?

私は今年62歳になりました

私が銀行員として現役で働いていたころには60歳は定年の年でした

60歳以降は退職金を貰い年金で悠々自適に余生を楽しむという考えが

一般的だったと思います

 

今更ですが現在はそのように生きられる人はとても少ないのではないでしょうか

年金としてあるいは貯蓄として生活がしっかりできる方もいると思いますが

以前のように余生が短くなくなってしまいました

60歳から20年、30年は普通に生きてしまいます

大学を卒業して50歳になるまでと同じ期間があるのです

 

そうすると皆さんは30年間をどのように生きて行きたいと思いますか

悠々自適といっても30年はどうでしょうか

”遣ることがない人生”を皆さんはどう考えますか

 

人はやはり夢や目標、責任、義務、役に立つことが生きるのには

必要なのではないでしょうか

先日ある仕事で人生の先輩達とお話をする機会がありました

「年に1度でもこの仕事があることが楽しいし嬉しいんだ」

「遣ることがないのはやはり辛いよね」

特に男性はこのような思い感じているようです

 

皆さんは60歳以降どんな人生を送りたいですか?

 

関連記事

9月12日(水)葛飾区シニア活動支援センターで講演します
相変わらず毎日暑い日が続いていますが 皆さん元気ですか?   さて、この度いつも大人の塗り絵教室でお世話になっている 葛飾区シニア活動支援センターさんで講演をさせていただくことになりました 講演テーマは「人生100歳時代、どう生きたいですか?」です 私もすでにシニア世代に入りましたがこの時代が人生でも大事な時代になりました 余生を……
2月6日(木)盛岡で大人の塗り絵体験教室開催
今回で2回目となる盛岡川徳百貨店友の会の皆様向けの 大人の塗り絵体験教室を開催していただきました 今回もたくさん皆様から参加希望が寄せられ人数んの関係で抽選となり 当選者の方20数名の方にご参加いただきました 今回も皆様とても一所懸命に大人の塗り絵「バラ」に挑戦していただきましたが 素敵なバラが描けたと思います 盛岡には大人の塗り絵をお教えす……
チャンスがあれば本物を見ること
今日は午後から時間を作り新国立美術館に 「至上の印象派展」を見に行きました。 以前から見たかったルノアールの作品。 ぬり絵をする時にも写真を見て塗っていても分からない所が理解できました。 これからも機会を作り本物を見に行こうと思います。 花や風景のぬり絵をする時も実物を見ることは大事です。……
仕事に遣り甲斐を感じていますか?
最近コーチングをしていて感じるのは仕事に対する考え方の変化です 以前仕事は学校を卒業して社会に出ると誰でもする事と考えて仕事を選び働いた その仕事の内容よりも会社や給与ということを考えて選び就職をした これは私が社会人になった時の考えだと思いますが   今はその点が大きく変わって来ていると改めて感じています 仕事に遣り甲斐を求めている方……